©2018 Setouchi Editorial Institute / Setohen|お問い合わせはこちらから

Profile

宮畑周平|Shuhei Miyahata

​編集者/建築写真家/執筆家/コーヒーロースター

瀬戸内海の弓削島で暮らす宮畑周平は、編集者、写真家であり、執筆家であり、コーヒーロースターとしての横顔ももっています。1977年2月神戸生まれ。甲南大学経済学部卒業後、ニュージーランドへ1年間遊学。帰国後、商社に入社し海外部門や国内営業に従事しました。2007年に桑沢デザイン研究所スペースデザイン科入学。建築やインテリアを学ぶかたわら、学生がつくるフリーペーパー『Laboratory』を仲間と立ち上げ、初代編集長を務めました。このころから写真を撮りはじめています。当時のカメラはRICHO GX100。卒業後、建築専門の編集プロダクション・株式会社フリックスタジオに入社。書籍、企業広報誌から店舗プロデュースまで、さまざまな「編集」を経験しました。11年4月弓削島に移住。12年瀬戸内編集デザイン研究所を設立。14年から17年3月まで上島町観光協会事務局兼務。自宅古民家(築100年)の蔵をリノベーションして、15年11月にKitchen 313 Kamiyugeを妻とともに開業しました。家族は妻と3人の子ども、2匹の猫。「いろいろ試してみる」のが基本姿勢。好きなもの・ことはアウトドア、旅行、器、朝日と夕日、コーヒー、美味しいもの。

瀬戸内編集デザイン研究所 [Setouchi Editorial Institute]

略して「セトヘン|Setohen」。宮畑周平のライフ・プロジェクトです。弓削島で書籍やウェブサイトづくり、写真、文章執筆などの「伝えるしごと」をしています。表現テーマは「空間と人間の営み」。瀬戸内海の島でリアルに生活しながら、そこに生きる人々や、暮らしをめぐる景色の魅力を伝えていくのがライフワークです。

編集・撮影機材

Computer MacBook Pro 13'

Applications Adobe CS6 & Lightroom CC. AutoCAD, VW data are available.

Cameras Nikon D850|Nikon D810|Nikon D610

Lenses Nikon AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G ED|Nikon PC Nikkor 19mm f/4E ED|Nikon AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED|Nikon AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8G ED VRII|Nikon AF-S Nikkor 58mm f/1.4G

受賞

「日本で最も美しい村」フォトコンテスト2017「日本で最も美しい村」賞

展覧会

  • 「Shimanami Perspectives─旅するしまなみ|笑顔の島々」 at Life Creation Space OVE南青山、東京 2018

主なクライアント

学校法人桑沢学園 専門学校桑沢デザイン研究所|公益社団法人今治地方観光協会|広島県教育委員会|上島町|上島町商工会|上島町観光協会|広島県教育委員会|伊東建築塾(NPOこれからの建築を考える)|株式会社フリックスタジオ|株式会社愛媛建築研究所|株式会社JALブランドコミュニケーション|株式会社ICVG|大成ハウジング中国株式会社|パルライフサポート株式会社|株式会社日本デザインセンター 他 (順不同)

事務所概要

事業所名|瀬戸内編集デザイン研究所

所在地|愛媛県越智郡上島町弓削上弓削313

電 話|0897-72-9075

設 立|2012年4月

代表者|宮畑周平

業務内容

  • 書籍やウェブサイトの企画、構成立案、編集

  • 写真撮影

  • 文章執筆

  • イベント企画

  • ​島暮らしの魅力発信

  • ​上記に関連する一切の業務