検索
  • 文と写真: Shuhei Miyahara

三脚を分解清掃

最終更新: 2月28日


この週末、松山に行っていて昨日帰ってきた。松山にはよく行っているのだけれどいつもクルマなので、今回のように電車を使うのは初めて。今治から松山に向かう列車はときどき海沿いを走り、線路と海のあいだを縫うように走るクルマたちを追い抜いていった。天気は気持ちよく晴れて、車窓には青い海が見え、恰幅のいいおじさんがそれをバックにうたた寝をしていた。

松山では会いたい人に会え、いろいろと話もできて、美味しいお酒もよく飲んだ。翌日、島に帰ったらどっと疲れが出てしまって、今日はぜいたくに長めの昼寝をした。電波法違反で友達が逮捕されたことを報じる新聞を読んでいる、というシチュエーションの夢を見た。疲れているときはおかしな夢を見るものだ。

起きてから三脚の分解清掃。買って5年くらい経つのにこれまで一度もメンテナンスしていなかったことに気がついて、バラしてグリスアップしてみた。台座から脚を外し、収納されているポールを引き抜いて、丁寧にパーツひとつひとつの汚れをとる。分解してみると、各部品が非常に高い精度で組み合わされていることがわかる。金属部分は黒光りし、まるで工芸品のような佇まいだ。ネジやヒンジなどの摺動部分にグリスを塗り、もとどおりに組み立てる。渋かった脚を開く動きが滑らかになり、スクリュー部も適度なトルクが戻った。これでまた気持ちよく撮影ができる。


0回の閲覧

©2018 Setouchi Editorial Institute / Setohen|お問い合わせはこちらから